【建設業許可無料電話相談:0120-30-9168(土日祝日、夜間は080-4563-2058)】完全成功報酬。最短5日で申請代行可能。役所に無理と言われた方もご相談ください。大阪府、東京都を中心に昨年度相談実績327件の経験でどうしても欲しい建設業許可を取得しましょう。

建設業許可に必要な条件とは?

建設業許可の要件とは?

建設業許可を取るには5つの条件があります・・

 1.経営業務の管理責任者がいるということ
 2.専任の技術者がいるということ
 3.請負契約に関して誠実性があること
 4.財産的基礎、金銭的信用があること
 5.許可を受けようとする者が、一定の欠格要件に該当しないこと

って説明をしたところで、なかなか読む気にはならないと思いますし、果たして自分の会社が当てはまるのかとても分かりにくいと思います。

一応ちゃんと書いてみましたが、私たちとして一番恐れるのは、 『あー、これなら自分は当てはまらないな』と独自に判断されてしまうこと。

先日も念のため相談ということでお電話いただいた方が『多分無理だと思うけど・・』 という判断をされてましたが実際によーく聞いてみると問題なく条件が 揃っていたということがありました。

具体的にお話を聞くことができれば、それこそ、

  • ・こんな書類はありますか?
  • ・こんな会社に協力してもらうことはできますか?
  • ・こんな人はいますか?

など、かなり具体的にお伺いすることになります。

時間としては5分程度ですが。

ここでいろいろなケースを想定してちんたらと書くよりも、お電話の方が格段にケースに応じたアドバイスができます

さらに、お電話よりも直接お会いしてご相談させていただいた方がさらに格段に突っ込んだお話ができます

おそらく各都道府県などの行政や他のいろんな行政書士も下のようなおもしろくない説明はしていることと思います。

また特に都道府県庁なんかに直接聞いてみても、原則的なことしか言ってくれません。
手引きに載っていないような、例外的な事例についてはあまり話してくれません。
 逆にグレーな部分については聞きにくいということもありますよね。

それであきらめてしまう、ということがないように、最後に私たちへ質問してください。

自社が許可条件に当てはまるかどうかだけの質問だけでも結構です。
あきらめて何年も棒に振ってしまうことがないように、遠慮は無用です。

お気軽にご相談ください。

 

ということで、ここからは下はあまりおもしろくなく、分かりにくい情報になりますが、きちんと説明していきたいと思います。

建設業許可を取るためには以下の5つの条件が必要になります

1.経営業務管理責任者がいること

こちらで経営業務管理責任者についてもっと詳しく書いてあります

主たる営業所に経営業務管理責任者といわれる建設業の経営業務について総合的に管理する人がいなくてはなりません。
この経営業務管理責任者になれる人は、「法人」では常勤の役員(取締役に加えて執行役員が認められるようになりましたが監査役はダメです。)、「個人」では事業主本人または支配人登記した支配人に該当する人が、次の(1)(2)(3)のうち、どれか1つの条件に該当しなければなりません。

(1)許可を受けようとする建設業に関して、法人の役員、個人事業主、令第3条に規定する使用人(※1)として これまでに5年以上の経営経験を有すること

(2)許可を受けようとする建設業に関して、(1)に準ずる地位(※2)にあってこれまでに7年以上の経営補佐経験を有すること

(3)許可を受けようとする建設業以外の建設業に関して、法人の役員、個人事業主、令第3条に規定する使用人としてこれまでに7年以上の経営経験を有すること

※1 「令第3条に規定する使用人」とは、建設業法施行令にいう使用人のことで、法人個人を問わず、支店や支店に準ずる営業所の代表者をさし、個人ではさらに、支配人登記した支配人も含まれます。

※2「準ずる地位」とは、「法人」では役員に次ぐような人(工事部長など)で、「個人」では妻、子、共同経営者などをさします

実際の申請ではこの準ずる地位というのは非常に厳しく扱われています。 元々例外規定という形ですので。 各都道府県でマニュアル上はどんなものを用意すればいのかを書いてくれていますが、 実際にはなかなか厳しいと思います。

例えば東京都などではどんな大企業でもほぼ認めていないと 公言するところもあります。 大阪など近畿圏では証明ができれば可能なところもあります。

※なお、他の事業主体の経営業務管理責任者とは兼ねることができません。

経営業務管理責任者についてもっと詳しく知りたい場合はこちらへ

2.専任の技術者がいること

こちらで専任技術者についてもっと詳しく書いてあります

各営業所ごとに、その営業所専任の技術者が存在していることが必要です。「専任」とは、その営業所に常勤して専らその職務に従事している人で、条件は次の通りです。

一般建設業の場合

次の(1)(2)(3)のうち、どれか1つの条件に該当しなければなりません。

(1)大卒または高卒等で、申請業種に関連する学科を修めた後、大卒3年、高卒5年以上の申請業務についての実務経験(※3)を有する者
(2)学歴の有無を問わず、申請業種について、10年以上の実務経験を有する者
(3)申請業種に関して法定の資格免許を有する者。1年以上の実務経験が必要な場合もある

※3「実務経験」とは、建設工事の施工に関する技術上すべての職務経験をいいます。

特定建設業の場合

次の(4)(5)(6)のうち、どれか1つの条件に該当しなければなりません。ただし、土木工事業、建設工事業、管工事業、鋼構造物工事業、舗装工事業、電気工事業、造園工事業の7業種については、(4)ではなく(5)、あるいは(6)の条件を満たしていなくてはなりません。

(4)「一般」で説明した(1)(2)(3)のどれかに該当したうえ、さらに申請業種にかかる建設工事で、発注者から直接請け負った建設工事でその請負額が4,500万円以上のものに関して元請負人の指導監理的実務経験(※4)が通算2年以上ある者
(5)申請業種に関して法定の資格免許を有する者
(6)国土交通大臣が(5)に掲げる者と同等以上の能力を有するものと認定した者

※4「指導監理的実務経験」とは、建設工事の設計または施工の全般について、工事現場主任または工事現場監督者のような資格で、工事の技術面を総合的に指導監督した経験をいいます。

●同一営業所内であれば、2業種以上の技術者を兼ねることができますが、他の営業所の専任技術者とは兼ねることができません。
●同一営業所内であれば、経営業務管理責任者と専任技術者とは、要件さえ満たしていれば、一人の人が両方を兼ねてもかまいません。ただし経営業務管理責任者は主たる営業所にいることになりますので、専任技術者も主たる営業所の担当になります。

専任技術者についてもっと詳しく知りたい方はこちらへ

 

3.請負契約に関して誠実性があること

許可を受けようとする人が、「法人」の場合は当該法人、その役員、政令で定める使用人(令3条に規定する使用人)が、「個人」の場合はその者、政令で定める使用人が、請負契約に関して不正(※5)または不誠実な行為(※6)をするおそれが明らかな者でないことが必要です。

※5「不正な行為」とは、請負契約の締結、履行の際に詐欺、脅迫、横領など法律に違反する行為をいいます
※6「不誠実な行為」とは、工事内容、工期、損害の負担などについて契約に違反する行為をいいます。

●例えば暴力団の構成員などはこれに当てはまります。

 

4.財産的基礎、金銭的信用があること

「一般建設業許可」の場合

次の(1)(2)(3)のうち、どれか1つの条件に該当しなければなりません。
(1)自己資本の額が500万円以上あること。
(2)500万円以上の資金を調達する能力があること。
(3)許可申請の直前過去5年間許可を受けて継続して建設業を営業した実績を有すること。

「特定建設業許可」の場合

次の(1)(2)(3)のすべてに該当しなくてはなりません。
(1)欠損の額が資本金の額の20%を超えないこと。
(2)流動比率が75%以上であること。
(3)資本金の額が2,000万円以上であり、かつ、自己資本の額が4,000万円以上であること。

 

5.許可を受けようとする者が、一定の欠格要件に該当しないこと

「許可を受けようとする者」とは、申請者、申請者の役員、令第3条に規定する使用人、法定代理人をいいます。
●例えば、それらの人がこの5年以内に建設業法違反や禁錮刑以上の刑に処せられていると許可されません。

 

次ページ:建設業許可が下りるまでの流れについて

前ページ:建設業許可とは?

telfree
mail

アマゾンからDVD出版しています

アマゾンからDVD発売中


アマゾンから『建設業ホームページの鉄則』解説DVDを発売中

建設業許可を取得したら、ハイさようなら・・・

というのが嫌だったので、許可手続きをご依頼いただいた業者さんとどうやって受注を増やせるかまでいろいろと試行錯誤していたらアマゾンからDVD出版まで至りました

許可申請とかだけではなく受注額を増やすことまで一緒に質問してくださいね。
もちろん初回のご相談は無料ですので。

DVDについて詳しくは
上記DVDパッケージの画像をクリックしてください

無料レポート進呈

「新規で建設業許可をできるだけすんなりと取るための秘訣」せっかく取った建設業許可を失わないための秘訣」

無料レポートにまとめました。

結構踏み込んで書いてますので役所からクレームが入り次第、プレゼントは中止しますので、欲しい方は、お早めに下のフォームにお名前とメールアドレスをご記入の上、登録ボタンを押してください。

 ただし、行政書士など私と同業の方はダウンロードしないでくださいね。

メルマガ登録はこちら
苗字(ニックネーム可)
メールアドレス

プライバシーポリシーはこちら

また登録していただいたメールアドレスに下のようなメールもお送りいたします。

 

  • 第1回 許可取得の裏ワザ?
  • 第2回 許可が取れたのに・・
  • 第3回 絶対に許可が取れない人
  • 第4回 建設業許可なんてどうでもいい
  • 第5回 建設業者の大発見
  • 第6回 これさえあれば売上げ爆発
  • 第7回 この不況で売上げUPだと?
  • 第8回 行政書士として見てきた伸びる建設業者の共通点
  • 第9回 伸びる建設業者がやっていたこと

 

マスコミ掲載歴

kayano.jpg

平成26年2月18日建通新聞


newspapers.jpg

平成22年3月8日建通新聞

表彰歴

平成23年5月25日 大阪府庁の建設業許可相談コーナー相談員としての感謝状

awardH23s.jpg


平成20年6月19日 日本行政書士会連合会からの表彰

awardH20s.jpg


平成17年5月27日 大阪府行政書士会からの表彰

awardH17s.jpg

代表プロフィール

行政書士山口修一
昭和47年2月2日生
 

yamaguchi3.jpg
平成12年10月に開業以来、建設業許可、経営事項審査(経審)の申請をし、建設業者のサポートをしてまいりました。お気軽にお問い合わせ下さい。


本性丸出し?の代表者プロフィールはこちらから

ご連絡はこちらへ

行政書士コン・トラスト
大阪オフィス
〒530-0036
大阪市北区与力町1-5
       与力町パークビル3F
TEL:0120-30-9168
FAX:06-6356-9169

東京オフィス
〒169-0072
東京都新宿区大久保2-7-1-303
       大久保フジビル3F
TEL:0120-30-9168
FAX:03-6265-9163
mail:「お問合せ」
のフォームからご連絡ください

  • facebook
PAGETOP
Copyright © 建設業許可サポートセンター All Rights Reserved.