無料相談はこちら
【建設業許可無料電話相談:0120-30-9168(土日祝日、夜間は080-4563-2058)】完全成功報酬。最短2日で申請代行可能。役所に無理と言われた方もご相談ください。大阪府、東京都を中心に昨年度新規相談実績1443件の経験でどうしても欲しい建設業許可を取得しましょう。

大臣許可と知事許可の違い

建設業許可の大臣許可と知事許可の違い

建設業許可を取る際に、混乱されることが多いのが知事許可と大臣許可の違い。

「どっちを取ったらいいの?」

とか

「どうせなら大臣許可がとりたい」

とか言われることがあるので、簡単に解説しておきます。

そもそもどちらかを希望して取得するというのではなく、建設業を営業する事務所の状況によって自動的に決まります。

状況で決まるだけですから、どちらが上とか、そういうことも全くありません。
※なんとなくイメージで大臣許可の方が凄そう・・と思われてしまいますが。

目次

1.大臣許可が必要なときとは?
2.建設現場はどこでもいいの?
3.知事許可から大臣許可へ

 

1.大臣許可が必要なときとは?

国土交通大臣許可を取得しなければならないのは、建設業を営業する事務所が複数あって、なおかつ2以上の都道府県にまたがっている場合となります。

ですから、東京と大阪の二か所で営業所を構えてそれぞれで建設業を営業する場合はもちろんですし、本社が東京都世田谷区、営業所が神奈川県川崎市、となると距離が離れていなくても県境をまたぐ場合は国土交通大臣許可が必要になるわけです。

それ以外の場合は知事許可になります。

さらに、仮に営業所が複数あったとしても建設業については本店でしか営業しない、ということであれば知事許可でも問題ないです。

ですから、大半の建設業者さんは営業所は本店のみですから、その所在地のある都道府県知事許可を取得することになりますね。

複数の営業所があったとしても、本店が大阪市、堺市に営業所、といった場合は同じ大阪府内に営業所がありますから大阪府知事許可となるわけです。

 

2.建設現場はどこでもいいの?

あと、よく心配される質問があるのですが、
「現場が日本全国にあるのですが大丈夫ですか?」
というもの。

建設業の営業というのが分かりにくいですが、
・商談したり、
・見積したり、
・契約したり、
というのがあてはまるので、そういった行為は建設業の許可を取った営業所でないとできないということになりますが、建設現場に関しては日本国内のどこでやっても全く問題ありません

ちなみに、許可取得に関しては知事許可の方が圧倒的にスピードは早く、知事許可では県によって違いますが、申請受理後30日から45日程度で許可がおります。

大臣許可に関しては申請受理後120日というのが処理期間として定められています。

実際にはそれほどかかることは少ないですが、それでも早くても2か月、通常は3か月程度見ておいてもらうのがいいかなと思います。

 

3.知事許可から大臣許可へ

次に説明しておいた方がいいなと思ったのが
知事許可から大臣許可
や、それとは逆に
大臣許可から知事許可
へ変更する場合のことです。

会社が成長してきて他県に営業所を出すので知事許可から大臣許可にしたい、という希望をされることが多いケースなのですが、知事許可から大臣許可へ変更手続きだけでさっと済ませることはできないんです。

このケースは許可換え新規といって、あくまで新規扱いとなってしまい、知事許可を持っていたとしてもあらためて大臣許可を新規で申請しなければなりません。

費用も新規申請として発生しますし、書類についてもいくら知事許可で認められていたとしても国土交通省が要求する証拠書類等を再度提出しなければなりません。

※申請してから大臣許可がおりるまでは知事許可は有効ですので従来の営業所での建設業の営業はもちろん問題なくできます。

 

元ページ:建設業許可を取得する条件について

参考ページ:一般建設業許可と特定建設業許可のちがいとは?

telfree mail

建設業許可とは?

書籍【小さな建設会社の社長の仕事】出版しました

アマゾンからDVD出版しています

アマゾンからDVD発売中


アマゾンから『建設業ホームページの鉄則』解説DVDを発売中

建設業許可を取得したら、ハイさようなら・・・

というのが嫌だったので、許可手続きをご依頼いただいた業者さんとどうやって受注を増やせるかまでいろいろと試行錯誤していたらアマゾンからDVD出版まで至りました

許可申請とかだけではなく受注額を増やすことまで一緒に質問してくださいね。
もちろん初回のご相談は無料ですので。

DVDについて詳しくは
上記DVDパッケージの画像をクリックしてください

無料レポート進呈

「新規で建設業許可をできるだけすんなりと取るための秘訣」せっかく取った建設業許可を失わないための秘訣」

無料レポートにまとめました。

結構踏み込んで書いてますので役所からクレームが入り次第、プレゼントは中止しますので、欲しい方は、お早めに下のフォームにお名前とメールアドレスをご記入の上、登録ボタンを押してください。

 ただし、行政書士など私と同業の方はダウンロードしないでくださいね。

書籍「小さな建設会社の社長の仕事」の一部もこちらへの登録でダウンロードできます。

メルマガ登録

プライバシーポリシーはこちら

また登録していただいたメールアドレスに下のようなメールもお送りいたします。

 

  • 第1回 許可取得の裏ワザ?
  • 第2回 許可が取れたのに・・
  • 第3回 絶対に許可が取れない人
  • 第4回 建設業許可なんてどうでもいい
  • 第5回 建設業者の大発見
  • 第6回 これさえあれば売上げ爆発
  • 第7回 この不況で売上げUPだと?
  • 第8回 行政書士として見てきた伸びる建設業者の共通点
  • 第9回 伸びる建設業者がやっていたこと

 

マスコミ掲載歴

スポゲル

建設業許可の話ではありませんがナイツと共演しました。


ビジネスアイ

平成30年11月5日フジサンケイビジネスアイ


kayano.jpg

平成26年2月18日建通新聞


newspapers.jpg

平成22年3月8日建通新聞

表彰歴

平成23年5月25日 大阪府庁の建設業許可相談コーナー相談員としての感謝状

awardH23s.jpg


平成20年6月19日 日本行政書士会連合会からの表彰

awardH20s.jpg


平成17年5月27日 大阪府行政書士会からの表彰

awardH17s.jpg

代表プロフィール

行政書士山口修一
昭和47年2月2日生
 

yamaguchi
平成12年10月に開業以来、建設業許可、経営事項審査(経審)の申請をし、建設業者のサポートをしてまいりました。お気軽にお問い合わせ下さい。


本性丸出し?の代表者プロフィールはこちらから

ご連絡はこちらへ

行政書士コン・トラスト
大阪オフィス
〒530-0036
大阪市北区与力町1-5
       与力町パークビル3F
TEL:0120-30-9168
FAX:06-6356-9169

東京オフィス
〒169-0072
東京都新宿区大久保2-7-1-303
       大久保フジビル3F
TEL:0120-30-9168
FAX:03-6265-9163
mail:「お問合せ」
のフォームからご連絡ください

建設業許可とは?

  • facebook
  • twitter
PAGETOP
Copyright © 建設業許可サポートセンター All Rights Reserved.