無料相談はこちら
【建設業許可無料電話相談:0120-30-9168(土日祝日、夜間は080-4563-2058)】完全成功報酬。最短2日で申請代行可能。役所に無理と言われた方もご相談ください。大阪府、東京都を中心に昨年度新規相談実績1443件の経験でどうしても欲しい建設業許可を取得しましょう。

よくある
問合せを見る

QRコード

建設業許可の業種追加とは

建設業許可の業種追加について

建設業許可を取得した後、資格を取得したり、新たに経験を積んだりすることで、建設業許可の業種を追加することができます。

新規の許可よりも基本的には簡単になることが多いのですが、意外と忘れがちなところもあります。
それが下の4点です。

1.今までに建設業許可の更新をしたことがあるかどうか(一般の場合)

2.直近の決算書で財産要件を満たしているか(特定の場合)

3.一般を持っているけど特定の業種が欲しいとかではないか

4.経営業務の管理責任者が6年以上経験があるか

業種追加の許可申請をする場合、いったん建設業許可を取っているわけなので、条件的には新規よりも優しくなります。

※都道府県知事許可、大臣許可いずれであっても実費は5万円です。
新規の場合は都道府県知事の場合9万円、大臣15万円ですからそれよりは安くなりますね。

基本的には業種追加の許可申請の場合は、取りたい工事の業種に対応できる専任技術者がいれば問題ないでしょう。

もちろんその方の資格者証とか、過去の実績が分かるような証拠は必要です。

ただ、たまにそれだけではないことがあるのが厄介なところ。

先ほどの4点ですね。

 

1.建設業許可の更新をしたことがあるかどうか(一般の場合)

業種追加になぜ更新したかどうか関係あるのか?と疑問があるかもしれません。

一般建設業許可の場合は新規で取得する際には一定の財産があることという条件があります。

500万円以上の残高証明書を提示するか、直近決算書で純資産合計が500万円を超えていればそれでいいのでそれでしか考えないのですが、5年以上建設業許可をもって活動してたら免除、という条件もあるんです。

だから、更新のときは5年経過したということで500万円の財産要件は免除になります。

逆に言えば5年経過していないときに業種追加しようとすると500万円の財産要件が必要になるわけです。

新規のときには必要だということは分かりやすいのですが、5年経過しないうちに業種追加する場合は必要になるのでつい忘れがちです。

 

2.特定建設業の場合は直近の決算書で財産要件を満たしているか

特定建設業の場合はどれだけ何回も更新してようが、申請直前の決算期の決算書で財産要件を必ず満たしている必要があります。

ありがちなのは財務状況が悪化し、自己資本が4000万円を切ってしまっているというもの。

その場合は次の決算期で財産要件をクリアしてから申請するとかしなければなりません。

ちなみに特定建設業の場合は5年ごとの更新許可申請の際も必ずこの財産要件を満たしていないといけないので注意が必要です。
ちなみに財産要件を満たしていなかった場合は、一般建設業許可に切り替える必要があります。

 

3.一般建設業許可を持っているけど特定の業種が欲しいとかではないか

例えば、現状一般建設業許可の内装工事業を持っていて、同じ一般建設業許可のとび土工工事業が欲しい、というケースはこの業種追加の許可申請に当てはまります。

そうではなく一般建設業許可の内装工事業を持っていて、次は特定建設業許可のとび土工工事業が欲しい、というケースは業種追加ではありません

この場合、『般特新規』といって新規の許可申請になり、都道府県知事許可の場合9万円、大臣許可の場合15万円の実費がかかります。
※業種追加の場合は都道府県知事、大臣のどちらも5万円です。

 

4.経営業務の管理責任者が6年以上経験があるか

これはなかなか少ないケースかもしれませんが、逆に見落としがちですね。

専任技術者さえいれば大丈夫、と思いがちですが、いろんな業種を追加したいとなった場合、経営業務の管理責任者としての経験は6年以上必要です。

経営業務の管理責任者の経験が5年以上あれば、実際に経営を経験した業種を取得することはできますが、6年経過しなければ未経験の業種を追加することができません

経営業務の管理責任者が交代したばかりで5年ぎりぎりだったというケースでは追加できないことがありますね。

また、経営を補佐した経験で建設業許可を取得している場合、未経験業種については取得できませんので、許可取得後6年経過するまで待つ必要があります。

 

前ページ:建設業許可の更新について

次ページ:建設業許可が取れない欠格要件とは?

telfree mail

書籍【小さな建設会社の社長の仕事】出版しました

アマゾンからDVD出版しています

アマゾンからDVD発売中


アマゾンから『建設業ホームページの鉄則』解説DVDを発売中

建設業許可を取得したら、ハイさようなら・・・

というのが嫌だったので、許可手続きをご依頼いただいた業者さんとどうやって受注を増やせるかまでいろいろと試行錯誤していたらアマゾンからDVD出版まで至りました

許可申請とかだけではなく受注額を増やすことまで一緒に質問してくださいね。
もちろん初回のご相談は無料ですので。

DVDについて詳しくは
上記DVDパッケージの画像をクリックしてください

無料レポート進呈

「新規で建設業許可をできるだけすんなりと取るための秘訣」せっかく取った建設業許可を失わないための秘訣」

無料レポートにまとめました。

結構踏み込んで書いてますので役所からクレームが入り次第、プレゼントは中止しますので、欲しい方は、お早めに下のフォームにお名前とメールアドレスをご記入の上、登録ボタンを押してください。

 ただし、行政書士など私と同業の方はダウンロードしないでくださいね。

書籍「小さな建設会社の社長の仕事」の一部もこちらへの登録でダウンロードできます。

メルマガ登録はこちら
苗字(ニックネーム可)
メールアドレス

プライバシーポリシーはこちら

また登録していただいたメールアドレスに下のようなメールもお送りいたします。

 

  • 第1回 許可取得の裏ワザ?
  • 第2回 許可が取れたのに・・
  • 第3回 絶対に許可が取れない人
  • 第4回 建設業許可なんてどうでもいい
  • 第5回 建設業者の大発見
  • 第6回 これさえあれば売上げ爆発
  • 第7回 この不況で売上げUPだと?
  • 第8回 行政書士として見てきた伸びる建設業者の共通点
  • 第9回 伸びる建設業者がやっていたこと

 

マスコミ掲載歴

スポゲル

建設業許可の話ではありませんがナイツと共演しました。


ビジネスアイ

平成30年11月5日フジサンケイビジネスアイ


kayano.jpg

平成26年2月18日建通新聞


newspapers.jpg

平成22年3月8日建通新聞

表彰歴

平成23年5月25日 大阪府庁の建設業許可相談コーナー相談員としての感謝状

awardH23s.jpg


平成20年6月19日 日本行政書士会連合会からの表彰

awardH20s.jpg


平成17年5月27日 大阪府行政書士会からの表彰

awardH17s.jpg

代表プロフィール

行政書士山口修一
昭和47年2月2日生
 

yamaguchi
平成12年10月に開業以来、建設業許可、経営事項審査(経審)の申請をし、建設業者のサポートをしてまいりました。お気軽にお問い合わせ下さい。


本性丸出し?の代表者プロフィールはこちらから

ご連絡はこちらへ

行政書士コン・トラスト
大阪オフィス
〒530-0036
大阪市北区与力町1-5
       与力町パークビル3F
TEL:0120-30-9168
FAX:06-6356-9169

東京オフィス
〒169-0072
東京都新宿区大久保2-7-1-303
       大久保フジビル3F
TEL:0120-30-9168
FAX:03-6265-9163
mail:「お問合せ」
のフォームからご連絡ください

  • facebook
  • twitter
PAGETOP
Copyright © 建設業許可サポートセンター All Rights Reserved.