【建設業許可無料電話相談:0120-30-9168(土日祝日、夜間は080-4563-2058)】完全成功報酬。最短5日で申請代行可能。役所に無理と言われた方もご相談ください。大阪府、東京都を中心に昨年度相談実績327件の経験でどうしても欲しい建設業許可を取得しましょう。

社長が現場でケガしてしまったら・・

  • HOME »
  • 社長が現場でケガしてしまったら・・

社長が労災保険をもらえるようにするには?

『社長が工事現場でケガしても、補償はもちろん

治療費すら払ってもらえないなんて・・・』

 

仕事が原因でケガや病気になった場合、労災保険が下りて治療費を負担してくれます。
健康保険のように30%自己負担があるなどということもなく、治療費を全額負担してくれます。

さらに、不幸にして障害が残ってしまった場合の年金、亡くなってしまったときの遺族に対しての年金も手厚く支払ってもらえます。

 

ただし、これはあくまで従業員の場合だけなんです。

会社で一番頑張っているのは、もちろん社長や事業主ですよね。

朝は誰よりも早く出勤して、従業員の退社を見送ってから帰り、土日も仕事のことが頭から離れず、工事現場でも人手が足りないから、と最前線で頑張っておられます。

そんなに頑張っているのに、通勤や現場など仕事でケガをした場合、労災保険は1円たりとももらえず、治療しても自分の健康保険で勝手に治せ、って言われてしまうことはご存知ですか?

3割負担しないといけませんから、大きなけがの場合は結構な出費になります。

・・・ひどすぎますよね。

 

こんな状況では現場で危険な作業があったりすると、いつまでも先頭に立って戦っていくことが不安になってしまいます。

しかも万一ケガなんかしてしまったら治療費はかかるうえに、休業補償もなく収入も途絶えてしまうことになります。

生命保険など民間企業のものに加入されてカバーされていることも多いと思いますが、やはり民間企業ですから、どれだけ良い保険だと思っても、保険会社の利益は乗っていますし、CMなど広告宣伝費用も乗っかっています。

国が利益を取ることなくやっている労災保険に比べると、おトク度合いがまるで違います。

雇用されている方というのは社長に比べると本当に優遇されているのです。

 

ですが、そのような小さな企業を先頭に立って率いている社長、取締役、個人事業主の方に絶対におススメなのが労災保険の特別加入制度です。

本来従業員のためだけの労災保険に、特別に加入できるのです。

これによって、ケガの治療費全額はもちろん補償されますし、休業したときの補償、後遺症・障害が残ったときの年金、万一亡くなった場合のご遺族に対しての年金など、国から手厚くカバーされるようになるのです。

当然何も起こらずに無事で過ごせるというのが一番ですが、こと社長に関しては代わりがいませんから何か起こったときのリスクが大きすぎますよね。

 

ではその補償額は果たして充分なものなのでしょうか?

従業員の場合は、もらっている給料に応じて補償される額というのは決まっています。

それが、社長が入る労災保険の特別加入の場合は、補償額を1日当たり3500円から2万円まで段階的に選ぶことができるのです。

それこそ今入られている生命保険を補完するようにかけていただいてもいいですし、これぐらいは欲しいかなという好きな金額にしていただければ大丈夫なんです。

詳細は下の表をご覧ください。

従業員のいない個人事業主の場合
給付基礎日額保険料算定基礎額年間保険料
25,000円9,125,000円173,375円
24,000円8,760,000円166,440円
22,000円8,030,000円152,570円
20,000円7,300,000円138,700円
18,000円6,570,000円124,830円
16,000円5,840,000円110,960円
14,000円5,110,000円97,090円
12,000円4,380,000円83,220円
10,000円3,650,000円69,350円
9,000円3,285,000円62,415円
8,000円2,920,000円55,480円
7,000円2,555,000円48,545円
6,000円2,190,000円41,610円
5,000円1,825,000円34,675円
4,000円1,460,000円27,740円
3,500円1,277,500円24,263円

 

telfree_2
mail

さて、この労災保険の特別加入手続きですが、労働局などの役所へ行ってすぐ手続きできるものではないんです。

労働保険事務組合という組合に加入して手続きをする必要があるのですが、その手続きに関しては当センターの社会保険労務士が対応しております。

建設業者さんの労災保険の特別加入手続きには精通していますので、あらゆるご相談が可能です。

いろいろと相談した結果、特にこの労災の特別加入はしないということであれば、もちろん一切費用はかかりません。

 

ご相談は無料ですのでご安心ください。

理解できるまでご説明しますので、遠慮なくご質問くださいね。

 

労災の特別加入についてよくある質問

Q:社長以外の取締役も入れるのですか?

A:従業員を一人でも雇用されている場合は加入できます。

 

Q:社員として家族従業員がいますが、加入できますか?
ちなみに、その者は取締役には入っていません。

A:従業員を一人でも雇用されている場合は中小事業主の特別加入、雇用されていない場合は一人親方の特別加入に加入できます。

 

Q:従業員が一人もいなくて家族だけの中小企業ですが加入できるのですか?

A:この場合は一人親方の特別加入に加入できます。

 

Q:個人事業ですが加入できるのですか?

A:従業員を一人でも雇用されている場合は中小事業主の特別加入、雇用されていない場合は一人親方の特別加入に加入できます。

 

Q:民間の生命保険に入るときに健康診断で断られたのですが加入できますか?

A:粉じん作業等の有害業務に一定期間、従事されたことがある場合は加入時に健康診断を受ける必要があり、その結果により加入が認められない場合がありますが、通常の生命保険のように病歴があるとか、肥満であるとかによって加入できないことはありません。

 

以上ですが、何か少しでもわかりにくいということがありましたらいつでもご相談ください。

電話やご訪問による相談は無料ですので、ご安心ください。

telfree_2
mail

アマゾンからDVD出版しています

アマゾンからDVD発売中


アマゾンから『建設業ホームページの鉄則』解説DVDを発売中

建設業許可を取得したら、ハイさようなら・・・

というのが嫌だったので、許可手続きをご依頼いただいた業者さんとどうやって受注を増やせるかまでいろいろと試行錯誤していたらアマゾンからDVD出版まで至りました

許可申請とかだけではなく受注額を増やすことまで一緒に質問してくださいね。
もちろん初回のご相談は無料ですので。

DVDについて詳しくは
上記DVDパッケージの画像をクリックしてください

無料レポート進呈

「新規で建設業許可をできるだけすんなりと取るための秘訣」せっかく取った建設業許可を失わないための秘訣」

無料レポートにまとめました。

結構踏み込んで書いてますので役所からクレームが入り次第、プレゼントは中止しますので、欲しい方は、お早めに下のフォームにお名前とメールアドレスをご記入の上、登録ボタンを押してください。

 ただし、行政書士など私と同業の方はダウンロードしないでくださいね。

メルマガ登録はこちら
苗字(ニックネーム可)
メールアドレス

プライバシーポリシーはこちら

また登録していただいたメールアドレスに下のようなメールもお送りいたします。

 

  • 第1回 許可取得の裏ワザ?
  • 第2回 許可が取れたのに・・
  • 第3回 絶対に許可が取れない人
  • 第4回 建設業許可なんてどうでもいい
  • 第5回 建設業者の大発見
  • 第6回 これさえあれば売上げ爆発
  • 第7回 この不況で売上げUPだと?
  • 第8回 行政書士として見てきた伸びる建設業者の共通点
  • 第9回 伸びる建設業者がやっていたこと

 

マスコミ掲載歴

kayano.jpg

平成26年2月18日建通新聞


newspapers.jpg

平成22年3月8日建通新聞

表彰歴

平成23年5月25日 大阪府庁の建設業許可相談コーナー相談員としての感謝状

awardH23s.jpg


平成20年6月19日 日本行政書士会連合会からの表彰

awardH20s.jpg


平成17年5月27日 大阪府行政書士会からの表彰

awardH17s.jpg

代表プロフィール

行政書士山口修一
昭和47年2月2日生
 

yamaguchi3.jpg
平成12年10月に開業以来、建設業許可、経営事項審査(経審)の申請をし、建設業者のサポートをしてまいりました。お気軽にお問い合わせ下さい。


本性丸出し?の代表者プロフィールはこちらから

ご連絡はこちらへ

行政書士コン・トラスト
大阪オフィス
〒530-0036
大阪市北区与力町1-5
       与力町パークビル3F
TEL:0120-30-9168
FAX:06-6356-9169

東京オフィス
〒169-0072
東京都新宿区大久保2-7-1-303
       大久保フジビル3F
TEL:0120-30-9168
FAX:03-6265-9163
mail:「お問合せ」
のフォームからご連絡ください

  • facebook
PAGETOP
Copyright © 建設業許可サポートセンター All Rights Reserved.