【建設業許可無料電話相談:0120-30-9168(土日祝日、夜間は080-4563-2058)】完全成功報酬。最短5日で申請可能。役所に無理と言われた方もご相談ください。大阪府、東京都を中心に昨年度相談実績327件の経験でどうしても欲しい建設業許可を取得しましょう。
  • ご相談はこちら
  • ご相談はこちら

どうしても建設業許可を取得したい方へ

top3

13points
number_1 建設業許可・経営事項審査のサポート専門
number_2 開業以来15年間延べ3100社以上の申請
number_3 不許可件数0
number_4 行政書士法人(東京都新宿区、大阪市北区に事務所があるので近畿圏、関東一円で対応可能)
number_5 最短で4日で申請完了
number_6 虚偽申請はしませんが、あらゆる可能性を考えます
number_7 初回無料にてご相談可能
number_8 申請書作成完了まで一切報酬をいただきません
number_9 各種証明書の取得不要ハンコをいただくだけで全て取得代行
number_10 建設業者を多く助けている他士業者と連携
number_11 建設業専門だからこそできる銀行融資サポート
number_12 TEL、メール、郵送などによりご来所いただくことは不要
number_13 一人親方から上場企業対応可能

space

apply_top

tel_button

mail_button

comment_top

comment_shape 必ず建設業許可が取得できますよ!というからお願いしたのに、3か月もかかってしまっている
comment_shape お任せしてから、しばらくして追加でこの書類をください、さらに時間が経ってから今度はあの書類をください、とやり取りが何度もあった上に、結局建設業許可が取れなかった。
しかも費用は申請書類を作ったから返せない、と答えられた。
comment_shape 依頼してから半年も経つので、いくらなんでももう終わっていると思ったが、連絡したらまだ申請すらしていなかった・・。
comment_shape ホームページで見つけた若手の行政書士に相談したら現状では建設業許可は無理との答え。あきらめきれなかった建設業者さんが私を見つけてご相談いただいたところ、何の問題もなく許可が取れた。
comment_shape 無事建設業許可が取れたと思ってほっとしたところ、取引先の元請業者に許可証を提出すると、舗装工事ではなくとび土工工事の許可がないと仕事が回せないと言われた。

これらは全てウェブ上で建設業許可が専門です、と書かれた行政書士のウェブサイトを見て依頼された結果の話なんです。

かなり同じ行政書士としては恥ずかしい内容ばかりで、ウェブサイトをやめるか、もっと勉強や経験を積んでもらいたいと思っていますが、こんな被害にあわないためにも、依頼すべきではないダメな行政書士見分けるポイント5つご紹介します。

point1

行政書士に登録すると、各自に登録番号が交付されます。

私の番号は第00261043号なのですが、最初の二けたは登録した年を表しています。
私は2000年10月2日に登録しているので、「00」となっている訳です。登録している行政書士であれば日本行政書士連合会のサイトで登録番号が必ず出てきます。チェックしてみるここで出てきた番号が14・・・、とか15・・・などであれば去年や今年に登録したんだということが分かります。所で相当修業を積んで独立ということであればいいのですが、そうでない場合はあまり件数もこなしていない可能性が高くなります。

point2

本当にきちんと安くできれば全く問題ありません。
ただ、どうしても建設業許可を取るためには事前に役所との折衝を重ねたり、かなり複雑な手順を踏まなければならないケースがあります。

そのような難しい場合は行政書士事務所として「やらない・・」と決めているのかもしれませんが、手続きをするのであればどう考えても時間もかかりますし、手間もかかります。

時給の安いバイトがやってできるものであれば何とかできるのかもしれませんが、そもそもバイトができるようなものであれば苦労しません。

また、このようなサイトにありがちですが、いつの間にか融資のサポートをしています、とか、他には税理士事務所や社労士事務所が隠れていて、そこの顧問契約をすることが安値の前提だったりすることもあります。

point3

あまり建設業許可に慣れていない場合は、やたらと
「経営業務管理責任者」が・・・とか、
「専任技術者」が・・とか
分かりにくいことを言ってきます。

建設業許可を取りたい方にすればそんなことよりも許可が取得できるかどうかが大事なのであって、難しい専門用語を知ることはどうでもいいことなんです。

とにかく建設業許可が取得できるのかどうか、無理ならばどこがどうなれば許可が取れるのか、そこを分かりやすく答えられないようであれば、建設業許可を依頼することはやめておいた方が良いでしょう。

point4

ベテランの方であっても1人とか、せいぜいパートさんがあと1人とかという形で運営されている行政書士事務所は多くあります。

こういった場合、その方が病気や怪我をされてしまうと、途端に仕事が止まってしまいます。

書類作成や相談を担当している方以外にもその事務所で信頼できる方がおられるかどうかを確認してみてください。

point5

お客様の声、なんかで出てくる写真がやけに美しすぎる場合がありますが、ホームページ作成業者が写真素材集などから適当な写真を選んで使っている場合があります。

グーグルクロームなんかを使ってサイトを見られている場合であれば写真の上で右クリックをすると、「この画像をgoogleで検索」という項目がありますから、検索してみると他のサイトにも同じ写真がたくさん使われている場合があります。

お客様の声として別の方の写真が使われているのであれば、実際にそんな声があったのかどうかも疑問になります。

私のところもお客様の声をいただいておりますが、素材集かどうかご覧いただいて判断してください。

clients
voice

apply_top

tel_button

mail_button

さて、とにかくこのページでお伝えしたいのは、相談や依頼をしたばっかりに無駄な時間を使って欲しくないということなんです。

せっかく忙しい時間を割いて相談したりするわけですから、無駄な時間は使っていただきたくはありません。

私どもではお電話でのご相談や、ご来所いただいてのご相談はいつでも無料でさせていただいております。

ただ、出張相談も無料、と謳っている事務所もありますが、残念ながらそこまでは無理です。

どれだけ私たちが頑張っても建設業許可が取れるケースというのはご相談いただいたうちの半分以下という程度なんです。

それほどの可能性なのですが、それを毎回出張相談無料としていればどう考えても採算が取れません。

できるだけコストを抑えるためにもそのようにさせていただいていることを予めご了承ください。

お電話でのご相談、ご来所いただいてのご相談はいつでも無料で対応しますので遠慮なくご連絡ください。

もちろん、あとから営業をしまくる、などということはしませんのでご安心ください。

というか、そういった営業のやり方が分かりませんし、私自身そんなことをされても結構気分が悪いので、逆の立場で考えると怖くて出来ないです。

あと、最後に大切な費用についても書いておきます。

先ほども書いたように、最安値を追いかけることはできません。

結局真っ当なサポートができなくなりますし、そんな安売りをしたくないという私自身のエゴもあります。

ただ、やはり最終的に決めたのは本当に困っている業者さんが何とか安心してもらえる価格でした。

新規許可の場合で120,000円(税抜)~です。

しかしながら、よく他の事務所でどんなケースでも同じ価格でと謳っているところがありますが、私どもの場合はケースに応じてその都度お見積もりはさせてください。

どう考えても大変で厄介なケースがあります。

そのケースはあきらめてもらってお断りし、効率的な簡単なお客様だけ相手にしていくというのも一つの経営方針かもしれません。

私の場合はそのようなことはしたくありませんし、そんなケースをさせていただけるからさらに経験も積めますから。

もちろんあくまでお見積もりと必要書類の一覧表をお送りするだけですし、建設業許可の可能性がない場合はお見積もりすらいたしません。

お見積もりを確認いただいて、必要書類をお渡しいただいて初めて着手しますし、こちらが申請書を完璧にととのえない限りは請求も致しません。

よく、許可が取れなければ全額返金・・・と謳っているところもありますが、そもそもどうやっても許可が取れない場合は初回の無料相談で分かりますし、そんな状況で受任することもあり得ません。

とにかくお時間を無駄に取らせるわけにはいきませんので。

今まで許可が取れます!とお伝えしてから無理だったことはありませんが、仮に無理だった場合は喜んで全額お返しいたします。

(ただし、お客様が犯罪歴を隠されていたり等があって不許可になった場合は除きますね。)

ですから安心してどうか本業に専念してください。

どうぞ、他の行政書士事務所で相談をなさってから最後に当方へご相談ください。

apply_top

tel_button

mail_button

今すぐご相談いただくことで1か月後無事に建設業許可が取得できているかもしれません。
ご相談はご遠慮なく今すぐどうぞ。

アマゾンからDVD出版しています

アマゾンからDVD発売中


アマゾンから『建設業ホームページの鉄則』解説DVDを発売中

建設業許可を取得したら、ハイさようなら・・・

というのが嫌だったので、許可手続きをご依頼いただいた業者さんとどうやって受注を増やせるかまでいろいろと試行錯誤していたらアマゾンからDVD出版まで至りました

許可申請とかだけではなく受注額を増やすことまで一緒に質問してくださいね。
もちろん初回のご相談は無料ですので。

DVDについて詳しくは
上記DVDパッケージの画像をクリックしてください

無料レポート進呈

「新規で建設業許可をできるだけすんなりと取るための秘訣」せっかく取った建設業許可を失わないための秘訣」

無料レポートにまとめました。

結構踏み込んで書いてますので役所からクレームが入り次第、プレゼントは中止しますので、欲しい方は、お早めに下のフォームにお名前とメールアドレスをご記入の上、登録ボタンを押してください。

 ただし、行政書士など私と同業の方はダウンロードしないでくださいね。

メルマガ登録はこちら
苗字(ニックネーム可)
メールアドレス

プライバシーポリシーはこちら

また登録していただいたメールアドレスに下のようなメールもお送りいたします。

 

  • 第1回 許可取得の裏ワザ?
  • 第2回 許可が取れたのに・・
  • 第3回 絶対に許可が取れない人
  • 第4回 建設業許可なんてどうでもいい
  • 第5回 建設業者の大発見
  • 第6回 これさえあれば売上げ爆発
  • 第7回 この不況で売上げUPだと?
  • 第8回 行政書士として見てきた伸びる建設業者の共通点
  • 第9回 伸びる建設業者がやっていたこと

 

マスコミ掲載歴

kayano.jpg

平成26年2月18日建通新聞


newspapers.jpg

平成22年3月8日建通新聞

表彰歴

平成23年5月25日 大阪府庁の建設業許可相談コーナー相談員としての感謝状

awardH23s.jpg


平成20年6月19日 日本行政書士会連合会からの表彰

awardH20s.jpg


平成17年5月27日 大阪府行政書士会からの表彰

awardH17s.jpg

代表プロフィール

行政書士山口修一
昭和47年2月2日生
 

yamaguchi3.jpg
平成12年10月に開業以来、建設業許可、経営事項審査(経審)の申請をし、建設業者のサポートをしてまいりました。お気軽にお問い合わせ下さい。


本性丸出し?の代表者プロフィールはこちらから

ご連絡はこちらへ

行政書士コン・トラスト
大阪オフィス
〒530-0036
大阪市北区与力町1-5
       与力町パークビル3F
TEL:0120-30-9168
FAX:06-6356-9169

東京オフィス
〒169-0072
東京都新宿区大久保2-7-1-303
       大久保フジビル3F
TEL:0120-30-9168
FAX:03-6265-9163
mail:「お問合せ」
のフォームからご連絡ください

  • facebook
Copyright © 建設業許可サポートセンター All Rights Reserved.