無料相談はこちら
【建設業許可無料電話相談:0120-30-9168(土日祝日、夜間は080-4563-2058)】完全成功報酬。最短5日で申請代行可能。役所に無理と言われた方もご相談ください。大阪府、東京都を中心に昨年度相談実績327件の経験でどうしても欲しい建設業許可を取得しましょう。

新潟県担当行政書士

新潟県で建設業許可、経営事項審査を
受けたい場合は私が対応いたします!

新潟県担当

行政書士 齋藤 聡(行政書士登録番号03181360)

 

自己紹介

○行政書士になる前に何をしていたか?
齋藤聡

東京のガソリンスタンドでアルバイトをしていました。

 

○行政書士になった理由

「このままずっとバイトしてていいのかな?」と思い、何か資格でも取ろうと思い、本屋で見かけた行政書士という資格に興味を持ち、取ることにしました。

試験に合格した後、すぐに開業するつもりはなかったのですが、ガソリンスタンドではガソリンだけ売っていても赤字。
そんな状況をおかしいと思いつつも、アルバイトにどうにかできるわけでもないので、自分で正しいと思ったことがやれるように独立することにし、新潟に戻ってきて行政書士として登録しました。

 

○建設業関係の手続きをやっている理由

行政書士に登録して5年くらいは悪徳商法被害者の解約サポートを主な業務としていましたが、だんだんと売り上げが落ちていくことが予想されたのでもう一つ別の柱を作りたいと思い、2009年から建設業許可申請の取り扱いを始めました。

しかし、経験0で始めたこともあり、ほとんど仕事が来ない状態が2年続きました。
苦しい状況ではありましたが「許可がないとせっかくの大きな工事を受注できない。何とかしてください」と暗い表情で困り果てる依頼者の方を見て、建設業者さんにとって本当に許可が大切なものであることを学び、他で断られた難しい依頼でも、まず依頼を受け、チャレンジすることを心に誓いました。

少しずつ実績を積み、依頼も増えていき、今では新潟県で一番多く、許可の取得をサポートする行政書士となりました

依頼が増えていく中、相談先が悪かったせいで本当は許可が取れるのに取れないと言われ、許可を取り逃している建設業者さんがまだまだたくさんいることに気づきました。
取れるはずの許可が取れずにチャンスを逃してしまう建設業者さんを一社でも減らしたいと強く願い、建設業許可業務に取り組んでいます。

無料相談
メールでのお問い合わせはこちら

 

○建設業関係の手続きでうれしかったこと

難しい案件で無事許可取得できたことがうれしいですね。
お客様も本当にうれしそうにお礼を言ってくださいますし、中には社長の奥様が涙をこらえているような場面もありました。

 

○建設業関係の手続きで残念だったこと

私にご相談いただければ、本当はもっと早く許可が取れるはずだったのに、という方に出会うと本当に残念に思います。

○建設業関係の手続きで苦労したこと

普段はお受けしないのですが、たまたまこちらの都合が合い、富山県での建設業許可申請をさせていただいたことがございました。

地元の行政書士さんに断られたようで役所の担当者の方からも「難しい案件だったと思いますよ」と言われるような案件でしたが何度も電話で質問したり、申請前に足を運ぶことで許可申請を受け付けていただくことになり、なんとか許可取得をすることができました。

あとは、許可を持っていない業者さんから1月の中旬に2月中に入札参加資格の申請をしたいということでご相談をいただきました。
入札の参加に必要な建設業許可と経営事項審査の役所側の標準処理日数を足すと60日のためこの時点ですでに厳しい状況でしたがチャレンジさせていただきました。
ほぼ無駄がない申請スケジュールを組み、運が絡みましたが無事入札参加資格の申請を2月中に終えることができました。

○新潟県の建設業関係の手続きの特徴

建設業許可申請

・窓口によって経験の確認資料が変わってくるので事前の確認は必須。厳しい窓口もあれば、登記事項証明書で経営経験の確認をしない窓口もある。

経営業務の管理責任者と専任技術者の証明は本人証明でも受け付けてくれる

準ずる地位での補佐経験でも申請を受け付けてくれることが多いです。ただし、本人証明や前の職場が許可を持っていない業種だと必要な確認資料が増えることが多いです。

・残高証明の有効期間 証明日から2週間

経営事項審査

・工事経歴書に記載した工事の確認資料の提示は原則求められていません。

・予約は必須ではないのですが混んでいる場合や担当の人がいない場合もあるので、事前に行く時間帯を連絡しておくのが望ましいです

○趣味

ラーメンの食べ歩き、ガンプラ作成

 

建設業者様へのひとこと

 私は、2017年末の時点で5年以上、新潟県内において一年間で一番たくさん新規の建設業許可申請をしている行政書士です。

 新潟県内の行政書士数800人ほどに対し、新規の建設業許可申請数は300件くらいです。
つまり500人くらいの行政書士は1年間に一度も新規の建設業許可をしていません。申請している行政書士でもほとんどが年3件以下というのが実情です。

 ほとんどの行政書士が建設業許可申請に慣れていませんから、取れるはずの許可なのに取れないと相談者に回答してしまうといったことがよく起きていると思われます。

 もし、ほかのところに相談してダメでもまだ諦めないでください。
独立して5年たっていない方でも許可を取得できた事例がたくさんあります
ぜひ私にご相談いただければと思います。

 

事務所所在地

〒 959-2629
新潟県胎内市中条3360番地6

無料相談
メールでのお問い合わせはこちら

書籍【小さな建設会社の社長の仕事】出版しました

アマゾンからDVD出版しています

アマゾンからDVD発売中


アマゾンから『建設業ホームページの鉄則』解説DVDを発売中

建設業許可を取得したら、ハイさようなら・・・

というのが嫌だったので、許可手続きをご依頼いただいた業者さんとどうやって受注を増やせるかまでいろいろと試行錯誤していたらアマゾンからDVD出版まで至りました

許可申請とかだけではなく受注額を増やすことまで一緒に質問してくださいね。
もちろん初回のご相談は無料ですので。

DVDについて詳しくは
上記DVDパッケージの画像をクリックしてください

無料レポート進呈

「新規で建設業許可をできるだけすんなりと取るための秘訣」せっかく取った建設業許可を失わないための秘訣」

無料レポートにまとめました。

結構踏み込んで書いてますので役所からクレームが入り次第、プレゼントは中止しますので、欲しい方は、お早めに下のフォームにお名前とメールアドレスをご記入の上、登録ボタンを押してください。

 ただし、行政書士など私と同業の方はダウンロードしないでくださいね。

書籍「小さな建設会社の社長の仕事」の一部もこちらへの登録でダウンロードできます。

メルマガ登録はこちら
苗字(ニックネーム可)
メールアドレス

プライバシーポリシーはこちら

また登録していただいたメールアドレスに下のようなメールもお送りいたします。

 

  • 第1回 許可取得の裏ワザ?
  • 第2回 許可が取れたのに・・
  • 第3回 絶対に許可が取れない人
  • 第4回 建設業許可なんてどうでもいい
  • 第5回 建設業者の大発見
  • 第6回 これさえあれば売上げ爆発
  • 第7回 この不況で売上げUPだと?
  • 第8回 行政書士として見てきた伸びる建設業者の共通点
  • 第9回 伸びる建設業者がやっていたこと

 

マスコミ掲載歴

ビジネスアイ

平成30年11月5日フジサンケイビジネスアイ


kayano.jpg

平成26年2月18日建通新聞


newspapers.jpg

平成22年3月8日建通新聞

表彰歴

平成23年5月25日 大阪府庁の建設業許可相談コーナー相談員としての感謝状

awardH23s.jpg


平成20年6月19日 日本行政書士会連合会からの表彰

awardH20s.jpg


平成17年5月27日 大阪府行政書士会からの表彰

awardH17s.jpg

代表プロフィール

行政書士山口修一
昭和47年2月2日生
 

yamaguchi
平成12年10月に開業以来、建設業許可、経営事項審査(経審)の申請をし、建設業者のサポートをしてまいりました。お気軽にお問い合わせ下さい。


本性丸出し?の代表者プロフィールはこちらから

ご連絡はこちらへ

行政書士コン・トラスト
大阪オフィス
〒530-0036
大阪市北区与力町1-5
       与力町パークビル3F
TEL:0120-30-9168
FAX:06-6356-9169

東京オフィス
〒169-0072
東京都新宿区大久保2-7-1-303
       大久保フジビル3F
TEL:0120-30-9168
FAX:03-6265-9163
mail:「お問合せ」
のフォームからご連絡ください

  • facebook
PAGETOP
Copyright © 建設業許可サポートセンター All Rights Reserved.